交通事故の適正な慰謝料とは

###Site Name###

交通事故の被害に遭ってしまったら、通院して身体を治すことと、あとは慰謝料をもらうことでしか補償してもらえません。
そもそも交通事故の慰謝料は損害賠償の一種として捉えられており、精神的苦痛の対価として加害者に対して求めるものです。


しかし日本人の美学として、より少ない金額で、或いはより少ない通院日数で終えた方が良いという考え方があります。

しかしこのような考え方で行動すると結果として自分の身体に影響が出てしまい将来不自由な思いをすることにも繋がります。
そういうことにならないためにも、遭った被害に対する正当な治療と賠償金を請求しましょう。

ロケットニュース24のいろいろな情報を集めました。

慰謝料の基準には金額の低い順に自賠責保険基準、任意保険基準、裁判基準となっています。


問題は任意保険基準で、営利目的の任意保険会社はできるだけ低く抑えようとしますから場合によっては自賠責保険基準のレベルにまで下がります。

交通事故の慰謝料を利用するなら此方のサイトです。

金額は保険会社と被害者の示談で決まりますから高くなるように交渉することが大切です。

ところが営利目的で日夜仕事に勤しんでいる任意保険会社の担当者は手強く、素人が交渉した程度で増額するのは困難です。そこで相手がプロなら、こちらもプロに委任して交渉するのです。

交通事故を専門に扱っている弁護士がいますので、相談した上で委任して、交渉を任せるのです。



弁護士ですから裁判も視野に入れて交渉に臨めますので最も高い裁判基準の慰謝料で話ができます。
もし保険会社から提示された慰謝料に納得がいかなければ裁判を起こせば良いのです。

弁護士に委任すると保険会社の言いなりに示談交渉しなくて良いどころか、優位に交渉を進められます。